Craft Beer Fukuoka

Japan’s craft beer movement is steadily gaining steam, as we’ve noted in previous issues. In a world where beer is the third-most consumed beverage after water and tea, and in a country where drinking is very much a part of popular culture, that’s big news.

It’s big enough, in fact, that mainstream media is turning its eye toward the promising consumer trend. Television, magazine and newspaper alike regularly run stories on craft beer, further educating consumers that they do have a wide range of choice now. The days of toriaezu biru (just gimme a beer) are coming to an end.

In few other places is craft beer growing a larger footprint than in Fukuoka. Already there are three craft breweries in the city: Brewmaster, Okura Hotel and Suginoya. Mojiko Retro Beer in Kitakyushu gives Fukuoka prefecture four. Of course breweries have a hard time without a market, and consumers have few choices.

Thankfully, new craft beer bars are starting to open in the city and many bars and restaurants that one served only mainstream selections are switching into the exciting new beverages. Only time will tell how big the scene will become but in a city with a vibrant night-life, it seems like craft beer is Fukuoka’s destiny.

私たちがここで以前も伝えたように、日本におけるクラフトビア・ムーブメントは元気の良い状態が続いている。ビールの消費量が水、茶に次いで3番目に多い世界で、また、お酒を楽しむことが人気ある文化の一部である国において、これはビッグニュースと言える。

そのインパクトたるや、主流メディアが次代のトレンドとして注目するほどだ。テレビや雑誌、新聞といったメディアが日々クラフトビアを取り上げ、幅広い選択肢から商品を選べることを消費者に伝えている。「とりあえず、ビール!」時代の終焉は近い。

福岡ほど急速にクラフトビアが発展した都市はほとんどないだろう。福岡市にはすでに3つのクラフトビア醸造所がある。ブルーマスター/オークラブラッスリー(ホテルオークラ福岡)/杉能舎ビール。北九州市の門司港地ビール工房とあわせ、県内に4カ所の醸造所があるのだ。もちろん醸造所はマーケットがなければ苦戦を強いられるし、消費者の選択肢の幅も狭まる。

ありがたいことに市内には新しいビアバーがオープンし、大手のビールだけを提供していたレストランやバーでも、このわくわくする新しい飲み物への切り替えが進んでいる。このシーンがどれだけ大きくなるのかは、時間が経ってみなければ分からない。だが、街の活気あるナイトライフの中にいると、クラフトビアは福岡の運命だと思えるのだ。