Muromi River

Fukuoka has a spaciousness like no other city in Japan. The super-wide and remarkably clean streets provide ample courses for the urban hiker, and there are plenty of greener escapes along the way, Ohori park and Nishi park perhaps the most well-known among them. But our long-time favorite is the walk along Muromi River, a course with such a wealth of nature and park area that sometimes you forget you are actually in one of Japan’s largest cities. Best of all, its riches are relatively unknown, even among Fukuoka residents.

Muromi is wide and slow moving once it travels from its source in Itoshima to its mouth at Hakata Bay. It’s these lower reaches, easily accessible from Muromi Station, that you’ll find some of the best the river has to offer. In the Spring months, when the tide is low, families with children hunt for shellfish at the mouth. When the tide is higher, it’s certainly possible to launch a kayak and travel upstream. Nearby, Atago shrine rises up majestically, offering some of the best views of the city and the river.

Less than a kilometer upstream, the riverside pathways and parks begin. They are wide and well-groomed, providing ample space for walkers, joggers or those who just want to sit and relax. Cherry trees line parts of the banks and are quite beautiful this time of year. In the warmer months, picnics and barbecues are a common sight. In all, the park area stretches nearly 5km!

Wildlife is abundant all along the river. Over one hundred species of birds frequent Muromi, including some rather unusual varieties. From February to April, fishermen catch Shirauo, a white-fish that travels upstream from the bay, and is a specialty of Fukuoka. The middle stretches of the river where buildings give way to terraced farm plots attract fireflies in the summer. The far upper reaches, some fifteen kilometers upstream, are characterized by rapids and little development. But the point of Muromi is that you can have development all around you, and yet the river’s soothing environs to make you forget it all.

福岡のように広がりを感じさせる空間を持つ都市は、日本では他に類を見ない。広々とした通りは並外れて美しく、街歩きをする人にゆとりある道を提供している。通り沿いには緑が溢れ、大通り公園と西公園が良く知られているオアシスだろう。しかし、私たちの昔からのお気に入りは、室見川沿いの道を歩くことだ。豊かな自然に囲まれたこの河畔公園にいると、日本で有数の大都市にいることを忘れてしまう。何より嬉しいのは、この豊かな自然が福岡に住んでいる人たちにさえ、あまり知られていないことだ。

室見川は糸島から博多湾の河口に向かって、幅広くゆっくり流れている。下流部は最寄りの室見駅から簡単にアクセスできるので、川遊びには最適だ。春の引き潮の時間帯には、子連れの家族が河口での潮干狩りにやって来る。潮が満ちているときは、カヤックで上流へと遡って行くことができる。すぐ近くには愛宕神社が堂々とそびえ立ち、街や川を眺める最高のビュー・ポイントのひとつとなっている。

少し上流へ向かうと、川沿いの歩道と公園がある。とても広くてきれいに整備されており、散歩を楽しむ人たちやジョギングをする人たち、ただ腰をおろしてリラックスしたい人々に十分なスペースを与えてくれる。土手には桜の並木道があり、一年のなかでもこの時期はとりわけ美しい。暖かくなれば、ピクニックやバーベキューをする人々をよく見かける。公園エリアは、延長約5kmにも及ぶのだ!

川沿いにはたくさんの野生生物も生息している。100種を越える野鳥が室見川にやってくる。中にはかなり珍しい鳥もいる。2月から4月にかけて漁師が獲る白魚(しらうお)は福岡名物で、湾から上ってくる。室見川の中流部にはビルも少なく、夏にはホタルが見られる区画もある。河口から15kmほどの上流部は、渓流と手つかずの自然が特徴だ。開発の波が押し寄せてもなお、室見川の落ち着いた環境は日常を忘れさせてくれる。