Itoshima 糸島半島

The Ito Peninsula (Itoshima) is one of the most beautiful areas in all of Fukuoka, perhaps even Japan. From expansive stretches of white, sandy beaches to rolling hills and farmlands, its appeal might not be apparent to the casual eye. You have to go deeper.

Beauty doesn’t just flow from the landscape here. There’s also a distinct way of life that persists; the people give Itoshima its beauty, too. There are laid-back, hippy-like enclaves all along the peninsula where the denizens celebrate good food, good music, surfing and artistic pastimes. The friendliness is infectious. Drop into any one of the neighborhood joints—Sunset, Current, Cadillac Ranch, Hinode, Natty Dread and others—and you’ll get a feel for the local vibe very quickly.

After the 3-day Sunset Live festival ends in early September, marking the end of the summer season for many, Itoshima reverts to its quiet, peaceful ways. Autumn is actually one of the best times to visit; the beaches are empty and the unrelenting sun is gone. Kick back on the sand and listen to the wind sweep through the pines. Spend the night at a campsite or any of the several guesthouses and lodges. Eat some local fish. Or, just go fishing.

Lovers of the outdoors will find numerous hiking opportunities, and with some kayaks, you can explore the rocky coast. The Keya area boasts Japan’s largest basalt caves. Pleasure boats take passengers into the caves until winter sets in. The rocky cliffs nearby offer some challenging bouldering opportunities, too, for advanced rock climbers.

You’ll probably want a car, as buses are infrequent and don’t travel everywhere. In a pinch, you can take a cab from Maebaru Station. If you do visit by car, cruise the Sunset Road. The views from the windy cliffs are mesmerizing.

When Kyushu University relocated to the area, many expected a property boom and land grab. It didn’t happen. People would rather just commute back to Fukuoka City. The residents of Itoshima would rather everything stay the same. It’s easy to understand why.

糸島半島は福岡県の中でも最も景色の美しいエリアの一つ。全国的にみても有数の景勝地と言えるかもしれない。広大な白砂のビーチ、緩やかな美しい起伏を見せる丘陵、そして田畑。その本当の魅力はぼんやりと見ただけでは見逃してしまう。感性を研ぎ澄ましてその魅力を100%楽しんで欲しい。

糸島半島の魅力は景色の美しさだけではない。ここには独自の生活様式があり、それが昔から続いている。生活スタイル自体が糸島の魅力の重要なポイントでもある。ヒッピーのようにのんびりと暮している人たちが半島全体にパラパラと分散していて、美味しい食べ物、素晴らしい音楽、サーフィン、ゆっくり流れる時間、などが彼らの自慢である。そして皆驚くほど親切だ。「サンセット」「カーレント」「キャデラックランチ」「ヒノデ」「ナッティ・ドレッド」などの飲食店が道端に点在しているので近くの店に入ってみよう。すぐにそのローカルな魅力、雰囲気が伝わってくる。

3日間の恒例野外ライブイベント、熱狂のサンセットライブが今年も9月の頭にあり、それが終わると毎年夏が終わった気分で、いつもの静かで平和な糸島に戻る。しかし秋の糸島も最高で、夏場と比べてずっと静かなビーチが楽しめ、陽射しも穏やかなので快適だ。砂浜でゴロンと横になって松林から吹き抜けてくる風の音に耳を傾けながらリラックスしよう。キャンプ場もあるし、周辺にはゲストハウスやロッジも点在しているので宿泊も楽しい。宿泊するなら夜は地元の海で獲れた新鮮な魚介類を味わいたい。釣りに出掛けてもいい。

ハイキングが楽しめるスポットもたくさんあってアウトドア派も満足できる。カヤックがあれば岩場に沿って探検航海も楽しい。半島西部の芥屋(けや)方面の海岸には日本でも最も大規模な玄武岩の洞窟があり、冬場以外なら遊覧船で洞窟の内部まで入るツアーもある。ロッククライマーの上級者なら近隣の岩壁の断崖がボルダリングに最適だ。

糸島半島へのアクセスはクルマがあると便利。バスは本数が限られているし、行きたいところを全部回ってくれるわけでもない。クルマが無ければ前原駅からタクシー利用という手もある。クルマがあるなら是非サンセットロードを流してみて欲しい。素晴らしい景色が楽しめるから。

九州大学が糸島半島に移転してきた時、学生の移住による不動産ブームと土地の争奪戦が予想されていた。しかし学生の移住はほとんど起こらず、多くの学生は市街地からの通学を選んだのである。糸島の住民は変化を望まないようだ。行ってみればその理由がきっと分かる。