Hayashi Kenji


Sunset Live is a long-running concert series held every year at the end of summer on the beach in western Fukuoka. The event has everything—great music from an impressive line-up of bands, good world food and beautiful surroundings… all the fit locals in bikinis adds a pleasant touch, too. We sat down at Sunset Bar and Grill in Futamigaura—where it started—to talk to the man who started it all, Hayashi Kenji.

Why did you launch Sunset live?
I always surfed in the area and really liked the rich natural surroundings here. 1993 was at the end of the bubble—nobody was really paying attention to nature. We thought it was a waste so we threw a big party. With staff, there were about 600 people at that first one here in Futamigaura.

Why did you continue?
The first SL had lots of problems: no parking, lots of trash, bad weather. We wanted to do it better the next year. It kept getting better so we’ve kept doing it, though we’ve recently moved it down to Keya Beach.

Now SL is a three-day event with 20,000 people. Are you hoping to expand it more?
No. This is the limit. We want to focus on making the content better, improving the experience.

SL is on the beach. What do you do to protect the environment?
We are careful about proper garbage collection and reuse—volunteer staff clean plates and utensils. We also have a ride-share system. But I’d like to do more.

To date, dozens of bands have played. Who has been the most memorable to date?
That’s a tough one…I’ve personally been impressed by Jo Yamanaka (but don’t put that in the interview, please).

Do you have any particularly touching memories?
Some people I know have met their marriage partner here. There are a lot of really special encounters.

(Koe Magazine staff and friends will be at the event. You’ll be able to recognize us. Say hello!)

林 憲治
職業:サーフィン
もうひとつの職業:ビーチカフェ「SUNSET」
とベーカリー・レストラン「CURRENT」の経営

「サンセット・ライブ」は福岡西部のビーチで毎年夏の終わりに3日間にわたり開催される野外コンサート。豪華な出演者たちによる歌と演奏、おいしい料理に素晴らしい風景、そしてビキニのオネーサン達が華を添える。サンセットライブがスタートした二見ヶ浦にあるビーチカフェ「SUNSET」で、イベント企画の張本人である林憲治氏に話を聞いた。

サンセットライブを始めたきっかけは?
当時僕はこの辺りでサーフィン三昧していて、ここの豊かな自然と美しい風景が大好きでした。1993年という年はみんなまだバブルに浮かれていた頃で、誰もここの美しい自然なんか気にしていませんでした。もったいないと思った僕は仲間とここで大きなイベントを企画しました。二見ヶ浦での最初のイベントには600人くらいが集まりました。

イベントを続けようと思ったのはなぜですか?
1回目のサンセットライブは問題が多かった。駐車場の問題、ごみの問題もひどかった。天気にも恵まれませんでした。それで次の年にもっといいイベントをやりたいと思ったのです。少しずつ状況が良くなっていったので毎年続けるようになったんです。近年、開催場所を芥屋ビーチに移しましたが。

今では3日間にわたって20000人が集まる大きなイベントになりましたね。もっと大きなイベントにしたいという思いはありますか?
いや、このくらいの規模が限界です。経験を生かしながら今後はもっと中身を充実させることを考えていきたい。

ビーチでのイベントですが、自然保護のために考えていることは?
ごみの収集と再利用には気を使っています。ボランティアのスタッフがいますので。渋滞緩和のためにライド・シェアも推進しています。他にもいろいろ考えていきます。

これまでたくさんのアーティストたちが出演してきましたが、一番印象に残っているのは?
難しい質問ですね・・・個人的にはジョー・山中でしょうか。でもこれは記事に載せないでください!

サンセットライブを通じて特に感動したようなことはありましたか?
このイベントで知り合って結婚した人たちを何人か知っています。本当にたくさんの出会いがあるイベントなんですよ。

(ko-eマガジンのスタッフ、その友人たちも含めて、今年もサンセットライブに参加します。見掛けたらぜひ声を掛けてくださいね)