Lyrical Partings

 

祈り

神よ。空っぽのグラスの神よ。
見守ってくれ、この空気の薄い晩に
涙目にもろくも冷たい星々をうつして
出かけてゆくおれを。
お願いだ。せめて今夜だけでも守ってやってくれ
おれの道をふさぐ奴らを。スズメが
ふらふら転がるタイヤの下敷きになるなんてことがないように
支払いも済んでいないのに、へこんだおれの車
そのドアをおれはまもなく開け、乗り込み、エンジンをかける。
これ以上の重荷はごめんだからな―おれのベッドは空っぽ、
窓から見えるのは裏路地で、朝には大嫌いな仕事へ
出かけなきゃならないときている。おい聞こえてるのか、神さまよ
それくらいやってくれ。あんたはおれに借りがあるんだ。アーメン。

 

A Prayer

God. God of the empty glass.
Watch over me as I walk out
in Your thin-aired evening,
cold and brittle stars in my watery eyes.
Please. Please protect, at least tonight,
those in my way. Let no sparrow fall
beneath the rolling uncertain tires
of my dented car, not yet paid for,
which I’m about to open, enter, and start.
For I live with burdens enough–an empty bed,
a window with an alley view, and a job I hate
and have to get to in the morning. Hear me,
Lord, and do this. You owe me. Amen.

 

Poem: John Gribble
From Another Wrong Fedora
Printed Matter Press, 2005
Translation: Nagano Fumika